やほー♪

17歳のシベリアンハスキーの女の子ルナがメインのブログです。

(c) yaho All rights reserved

暑い日々の過ごしかたo(*^▽^*)o

こんにちは。
梅雨も明けて暑い毎日が続いてますね。
「容疑者Xの献身」のDVDを立て続けに4回も見てしまい
4回ともエンドロールで泣いてしまったルナママです。
暑さにも寒さにも弱い根性ナシなので外に出たくないのです^^;
で、家でDVD観てます。





【【以下、ネタバレの要素がありますのでご注意下さい】】

東野圭吾作品は「白夜行」「秘密」しか読んでないのです。
「容疑者Xの献身」もですけどすぐ引き込まれて夢中になってしまいます。
そして救いのない結末に暗澹とした未消化な気持ちに苦しみます^^;

「秘密」なんか、読んでる最中に既に複雑な何ともいえない苛つきを
感じてしまいハードカバーの書籍代が妙に悔しかったです。笑
でも、最後の数行でそんな気持ちがやっと晴れて「ここを読むために
ずっと我慢して読んで来て良かった」と思いました。

「白夜行」にしろ、「容疑者Xの献身」にしろ、推理小説なんだから
殺人があって当たり前^^;なんですけど、殺されて行く犠牲者に対しての
作家の思いやりというか、畏敬の念が私には余り感じとれなくて感情の
持って行き場がなくて困ります^^;

同じ意味で「秘密」にも最後まで納得出来ない部分がありました。
娘の体に母親の魂が宿るのですが、とうとう最後まで、母親は
どこかに消えてしまった娘の魂を思い、苦しんだり悲しんだりが
余りなかったように思えました。
これは作者が男性なので母親の気持ちを完全には理解してない
からなのかなあって想像してみたり・・・
私が編集者だったり作者の奥さんだったら、母親が娘の魂を思い
涙して苦しむ場面を私のような鈍い読者にもはっきり分かるように
あと一箇所で良いので付け加えろって言いたかったです^^ゞ

エンドロールで必ず泣いてしまう「容疑者Xの献身」も
あれは主題歌に涙してしまうのです。
「最愛」は曲自体が素晴らしい曲だと思います。
映画の最後に流れる時は女性バージョンがより涙を誘うと思いましたが
普通に聞くには福山さんが歌ってる方が私は好きです。
「最愛」PV
http://www.youtube.com/watch?v=n6Wk9VhGVIY


私に限って言えば、エンドロールで容疑者Xの切ない気持ちに
涙したのは、流した涙の1/3位かな。
残りは誰にでもあると思える心の奥にある「切なさスイッチ」がONに
なってしまったのです。
誰だって一度は「最愛」の曲のように泣いた事があるんじゃないでしょうか。

罪の重さ深さで言えば石神さんは決して許されることはないでしょう。
自分の利己的な考えのために何の罪もない人を躊躇なく殺しました。
どんな人生を送っていようと人は等しく重い命です。
そういうことを考えることもしないほど深い愛を持って自己犠牲を払って
尽くしたのでしょうけど、「部品」として扱われた犠牲者への追悼の言葉を
私のような鈍感な観客にもはっきりと分かるように一言付け足して
ほしかったです。
石神との最後の対面の時に湯川がそれらしきことをちょっと語りましたが
私にはまだ足りなかったです^^;

最後のシーンで雪が降ってきますが、雪の最初のひとひらの落ちて来る
タイミングをきっと何度も試みたのかもしれないなあって思いました。
絶妙なタイミングで小さく輝きながら雪が降りてきました。

あと、花岡靖子の職業が何でお弁当屋さんなのかなぁって思いました。
どんな設定でも良かったはずですよね。
それなりにストーリーは作れます。
もう20年位前になるかな、サントリーのCMでお弁当屋さんの主婦と
客の若者のほんわかした交流を描いてたのがありました。
あのイメージで靖子の職業がお弁当屋さんになったのかもしれない・・
なーんて、勝手に妄想してしまいました!笑笑

原作を読んでないので余り語るのもおこがましいかもしれません。
DVDを観ただけで語ってる私個人の感想です。
不快になられた方がいたら申し訳ないです。

堤真一さんはとても素晴らしい俳優さんですね。
劇中に何度か弱々しく微笑むシーンがあるのですが今思い出しても
泣けてきます。
と、延々と語ってしまったのも、未消化というか救いのない結末に
悲しさが倍増してしまったからかもしれません。

そうは言っても「容疑者Xの献身」は色々なものを差っ引いても十分に
楽しめる要素がいっぱいありました。

私としてはこの映画のために「最愛」という曲が作られて世に出てくれた
事がとても嬉しいです。




福山さんのアルバム、発売日に買ってしまいました。



その他、はまってるDVDは「ALIAS」です。

私はどっちかというと、「24」よりこっちの方が好きです。
主人公が魅力的な心の綺麗な若い女性で観てて安心感があります。
主人公の父親がとても素晴らしい人なのもいいです。
でもスト−リ−はハラハラドキドキの連続です。
脇を固める出演者が「24」と被ってることがあるので観ながら「24」を
懐かしんでます笑




そんなこんなで、って、どんな?^^;
ルナの近況が最後になってしまいました〜。
実は暑くなってきてまたお腹の調子がイマイチです><
これは年齢的なものでしょうがないみたいです。
ハスキーの弱点はお腹が弱い事らしいです。
11歳までは1回も下痢をしなかったことに感謝して、
今の状況を嘆く気持ちを鎮めています。
水浴びさせたり涼しくしてあげたりしても余り効果がありません。
ルナに限って言えば外気温が25度以上になるとお腹の調子が
悪くなるみたいです。


お腹が緩くても食欲もあり、元気もあります。
2月の手術の後の再発も今のところなくてほっとしています。
あと約2ヶ月、私もルナも暑さに負けないように頑張ります。
皆様も夏バテなさいませんように元気でお過ごしくださいね(^0^)ノ



最近のルナの画像です。


美容院のオーナーさんと撮りました。


美容院の帰りの車中で。




体調が良くなると言われてるペンダントを着けています。
効果があってほしいです><


透明な長方形のものがそうです^^;






なかなかカメラの方を向かないので鏡面ドアに写ったルナを撮りました^^;




最後に、
誰でも知ってる^^;「犬の十戒」ですこのバージョンはピアノが泣けます。
http://www.youtube.com/watch?v=41ti_rTZoB0